スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑司が谷鬼子母神縁日

早いもので、今年も一年が終わろうとしている。
先週末に取り敢えず御用納めもしたし、今週は残り数日間を世間並みに大掃除でもしようかと考えたが、枕元に雪崩寸前の状態で平積みにしてある文庫本の山を見ているだけで、気力が削がれ早々に手を引く…て引いちゃあいけないだろう、とは思うがどこから手をつけるべきなのかわからない。四方を本とコピーの山に大半を占拠され、空いた隙間には御札のコレクションや雑器、煙草盆なんかが占拠している。こんな状態じゃあ、右から左、左から右に荷物を動かすかで終わり、凡そ片付けになっていない。だったら、今年もまた放置して、気が向いた時に

えい、や!

でやったほうが効率がいいに決まっている。と理由をつけて外に出た。
ここ二、三日は随分と寒い。温暖化、温暖化と世間は騒いでいるが矢張り冬はそれなりに寒い。なにせ、数日前の関東北部では一晩に50センチを超す雪が積もったというのだから、温暖化というより、異常気象が故の

極端化

が起きているといったほうがいいのかもしれない。
まあ、それはそれとして、厳重に着込んで街に繰り出したもののどこへ行こうかと思い乍ら、ケータイで今日が28日であることを確認すると、ふと頭に

鬼子母神

が浮かんだ。8が付く日は鬼子母神の縁日だ。鬼子母神といえば入谷か雑司が谷だが、入谷界隈は鬼子母神に限らず割と繰り出すことが多いから、

今回は久し振りに雑司が谷へ廻ろう

と足を進める。
住んでいる土地柄、雑司が谷へはなんといっても三ノ輪橋から都電荒川線でのんびり揺られ乍ら行くのが一番だが、近頃、池袋―渋谷間を「副都心線」が開通したため、折角だからこれに乗って行くのも手だろうと地下鉄で行くことにした。
しかし、思うのだけれど、東京は恐ろしいまでに地下鉄が発達しているが、新しい線になればなるほど、地中にどんどん深く潜っていく。ここまで地下鉄網があちらこちらへ交差しているのを見ると地下要塞だね、全く…

さて。雑司が谷の辺りというのは、池袋や目白とそれ程離れていないんだが、どことなくのんびりとした地域で、大都市が持つ独特の喧騒さはない。
都電の線路を渡り、欅並木を通り過ぎる。空気は冷たいが陽射しは柔らかだ。余談だがこの並木が東京都の指定を受けていることは、土地の人でもない限り余り知られていない。「ちゃんと指定しましたよ」の石碑も建っているんだけど、こちらも余り気付かれない。可哀相な鬼子母神の欅並木…その並木をのんびり鬼子母神に向かうと、境内で

骨董市…

が開かれていた。骨董市の後ろに「…(三点リーダ)」を付けたのは、果たして市といってよいのかわからないからだ。なにせ

たった三店

ばかりの骨董市。しかもどこで油を売っているのやら主不在。印判のなかなか状態のよい小鉢なんかもまとめてあったけど、主がいなきゃあ、話にならない。仕方がないからそのまま鬼子母神へお参り。いうまでもなく鬼子母神はお産の神様。今のところ僕には必要のないご利益だが、兎に角、ここまで来たわけだからお参りをし、「ざくろ絵馬」を頒けて頂いた。
この鬼子母神はぐるりと後ろへ廻るのが面白い。実は本殿の直ぐ裏には

北辰妙見菩薩

のお堂が鎮座しているんだよ。なぜ、鬼子母神に北極星の仏様が表裏一体で祭られているのかはわからないけど、本殿にぴったりと添い付くように北辰妙見社がある。そして、妙見社の直ぐ右手脇にある一基の墓。これが浄瑠璃の竹本肥前掾・竹文字太夫の墓だってことを知っている人はもっと少ない。しかも手入れされることもなく、ただそこにある浄瑠璃太夫の墓。解説板の類いもないし、囲いもされていない。まるで忘れ去られたようになんとなくそこにあるって感じだが、これもなぜここなのかはわからない。
そういうミステリアスな側面を持つ雑司が谷の鬼子母神。ちゃんと調べてから考えれば、北辰妙見にしたって、浄瑠璃太夫の墓にしたって、きっと何かわかるかもしれない…けど、境内の一隅にある大黒堂で根岸の羽二重団子が藁細工の「すすきみみずく」で有名なおせんに肖って作った

おせんだんご

を熱いお茶で平らげている間に、そんなことはどうでもよくなってくるだろう。

続きを読む

スポンサーサイト

映画「しゃべれども しゃべれども」

夕方、池袋のメトロポリタンにあるシネ・リーブル池袋に国分太一主演「しゃべれども しゃべれども」を見に行く。
内容は国分演じる二つ目の噺家・今昔亭三つ葉がひょんなことから「話し方教室」を開くことになり、素人に話し方を教えているつもりが、彼らと接しているうちに実は自分も話すことの妙意を教わっていて、ひと回り大きく成長するといったものだ。
中身が中身だけに一歩間違えるとチープになりやすい難しい作品だが、国分はよく頑張って演じていた。2時間弱という上映時間も丁度よい。最近の作品は洋の東西に拘わらず2時間超が普通となっているなか、この作品は時間を短くした分、内容が濃いものに仕上がっている。
それにしても国分の噺家振りはなかなかに板に付いた感じがしてよかった。メディアで「師匠、師匠」と煽てられてイイ気になっているどこぞの(自称、勘違い)脱税していた大名跡の噺家より、格段に上手く遣って退けたんじゃあないかな。というか、根岸の噺家に関しては周りも煽て過ぎだよ。現在の噺家業界はそんなに人がいないのかね。
唖然としたのは、私鉄や地下鉄駅に置いてある新聞仕立てのフリーペーパの特集記事。「浅草といえばこの人」と冠してインタビューしていたが、あの噺家は浅草じゃなくて根岸だろ。先代は田原町だったから、まだ「浅草」という言葉を冠してもよいが、根岸を浅草に組み込むのは如何かと思うね。また根岸のそれもしたり顔で語っているんだから、手に負えない。恥ずかしくないのかねえ。
まあ、このまま脱線していたら、どんどん明後日の方面に行ってしまうため、話を本題に戻そう。
さて、この映画の魅力のひとつは東京の風景だろう。下町の風景としてもよい。勿論、実際にある下町の風景ではない。東京のあちらこちらに辛うじて残っている建物や露地などといったものを上手に継ぎ合わせて仮想の下町を構築している。ただ「Always―三丁目の夕日」のようにCGとセットで構成された丸っきり架空の下町というのではなく、今なお現役のそれを使って繋ぎ合わせることで、なんとなく実際にありそうな下町の風景を出しているところがAlwaysのそれと比べてはるかに現実味があってよい。尤もひとつひとつは現実にある風景だ。
もうひとつの魅力は伊東四郎だろう。流石にその演技は安心して観ていられる。役は三つ葉の師匠・今昔亭小三文だが、伊東は役ではなく噺家そのものなんじゃあないかといった雰囲気を全身から醸し出している。伊東がどの噺家の雰囲気を参考にして役作りに挑んだのかは知らないが、飄々としながらもその実は弟子のことをちゃあんと気に掛けている職人のような師匠振りは、彼じゃなきゃできなかったかもしれないね。
あと、印象に残ったのは噺家の日常生活の細かいところがよく活写されているところだ。
噺家は噺の腕ばかりに日々研鑽を積んでいるわけじゃなく、素養のひとつとして「かっぽれ」などの座敷芸も身につけている。去年の新橋演舞場で「小さん襲名口演会」があった時も景気付けでかっぽれのひとつ「奴さん」を演じていたが、その稽古風景となるとどのようなものかは知らなかった。それを映画のなかで、ちゃんと採り上げているのは大したものだと感心したね。蛇足だが実のところ、僕も時間と先立つものがあれば「かっぽれ」は習ってみたいんだよね。
さて、最後にひとつだけ問題点を挙げておこうか。この作品は「劇中劇」ならぬ「劇中落語」も見どころで、国分や伊東が随所で噺の部分部分を演ってくれているのだが、問題は今の若い層に落語の筋を知っているものが少ないってことだ。極力、落語の知らない人でも親しみ易いメジャーどころの「まんじゅうこわい」や「たらちね」「火焔太鼓」などを選んではいたが、今イチ、観客の反応がなかったように感じたの僕だけかな。
地味にFC2BlogRankingへ参加
それでは「春夏冬、二升五合」をお願いまして、皆々様の御手を拝借。

FC2ブログランキング

熊さん。今のお人で何人目だい?
著者寸描(プロフィル)

浮世名詮〔うきよのめうせん〕

Author:浮世名詮〔うきよのめうせん〕
東西東西~。
さて、これより語りまする者はその名を「名詮」と申しまする。

性格は可成ふざけて居りまして、朝イチから行動すればよいものを、昼も過ぎ、夕闇の濃くなる頃から東都のあちらこちらへ出没し、状況に応じて色々な人物を演じ分ける素ッ惚けた根無し草。

まあ、気楽に気楽にお付き合い下りまするよう、隅から隅まで、ズズいっとお頼み申し上げまする。

先づは

乍憚口上
乍憚口上」つづき
乍憚口上」むすび

を一読下さりまするようお願い申し上げまする。

千穐萬歳大入叶

熊八ブログをケータイしておくれっ
ちょいと、そこのお前さん。無視していくんじゃないよ。めうせんの「熊八ブログ」がケータイでも見ることが出来るっていうじゃあないか。おや、知らない?まあ、この人はなんて野暮なことをいいなさんのかねえ。
QR
最近の戯れ書き
項目別四方山話
最近のご意見・ご感想
一筆啓上、火廼要鎮(メールフォーム)
「文は遣りたし、書く手は持たず」なんて謙遜、遠慮なぞは無用ってもんでございやす。へい。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別四方山話
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。