スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乍憚口上(憚りながら口上)むすび

結びになってるかは知らないが、ここで「切絵図」というアイテムについて少し書いておこう。
永井荷風や池波正太郎などの先人もやっていた「切絵図」を携帯しての散歩を僕も時たまにする。そして、この「切絵図」を使っての散歩を紹介している本もかなりある。しかし、現物は尾張屋板だろうが近吾堂板だろうがとても高くて手の出せるものじゃない。古書店などで見て廻ると額面の零が一つ以上違うため、こんなのは根無し草にはとても無理。たまに大手の書店に行くと店頭売りで<復刻>物を売っているが、これはこれで一揃え買うとかなりの額になる。古書に比べれば零が一つ減ったかも知れないが、それでも安いとはいえない。ならばどうしているかというと、僕の場合、古地図ライブラリー別冊<切絵図・現代図で歩く>『もち歩き江戸東京散歩』(人文社、2003年7月)を携帯するようにしている。史跡巡り好きの人々の間では結構、定番な本だけあって、なかなか優れている。たしか地下鉄の窓口でも販売していたし、大学の講義などで教材として使っていることもあるそうだ。
ただ、「もち歩き」と冠してるだけあり、カバンに入れても大して嵩張らないのはよいが、惜しむらくは切絵図と現代図が表裏一体式でないことが使用するに際して少し不便にしている。切絵図の方位に関しては現代図の「上部=北」ではなく、あちこちに動くことはあるが、見慣れてしまえば別にどうってことはない。ただただ、この表裏一体式でないことだけが僕としては痛い。それ以外では江戸時代の地図を持って現代の風景を眺めたり、歩いたりして、その変貌振りを見るのは非常に面白い。
また、別に持ち歩かなくてもよい。僕などは寝しなに布団の中で現代の風景を思い出しながら切絵図を眺めて、頭のなかで街を歩いている雰囲気に浸っているだけでも全然飽きない。だから、なにかと便利なので興味ある方はどうぞと、一応、勧めておこう。

と色々まあ好き勝手に書き綴ってきた口上もそろそろ終わりにしよう。書いてる僕がいい加減飽きてきた。ということは皆々様にはもっと退屈されたことだろう。そんな長々の口上にお付き合いいただき、先づはお礼申し上げます。
さて、いよいよ突入します本編の方も宜しくご覧いただけますようお願いいたします。本編は東都を舞台にあちらこちらで呑んだくれてるだけじゃないかって思われるくらい、この口上と違ってもっと砕けた散歩の記録なのでご心配なく?

それでは御用とお急ぎでないお方は、ごゆるりとご覧下さりまするよう、謹んでお願い申し上げる次第にござりまするー。
スポンサーサイト

乍憚口上(憚りながら口上)つづき

僕も「食べ歩き」は好きである。というより、歩くこと自体が好きなのかもしれない。しかも、夕暮れ時にふらりと街に繰り出すのがとてもよい。これから別のところに行く人、または別のところから来る人、家や会社に帰る人が入り乱れる夕暮れ時の雑多な雰囲気がなんともワクワクさせる。一人で歩く時は家を出てから行き先を決めることも多い。そのため、地元の時もあれば、電車で片道を一時間掛けることもある。でも、散歩というのはそうものなんじゃないかな。
これが友人と一緒に歩くとなると、話はまた変わる。ある程度計画を立てておかないと、闇雲に歩き回ることになって、その結果、ただ疲れただけってことになりかねない。それはそれで終わると面白いこともあるが、性格なのかやはり、かなり漠然ではあっても、ある程度の目星を付けておくようにしている。しかし、観光バスのツアーじゃないから、きっちり「何分にどこ」なんてことはやらない。それだと全然面白くないからだ。
だから、僕の場合、食べ歩く先々は散歩の「休憩地点」といえる。そこで一服して「次はどうしようか?」を考えるのだ。その繰り返しをやってると、一度の散歩でも色んな街に行くこともできるため、とても楽しい。勿論、全て歩き通しではない。バスや電車を使うこともある。けど極力歩く。東京の三駅分くらいならわけもなく歩ける。
東京は電車などの交通手段が十分に発達しているにも拘わらず、僕が歩くのは、歩き以外の手段だと街のちょっとした風景を見逃しやすいからだ。仕舞屋一つを採ってみても、歩いてると何度も通っている道でも「こんなとこにこんな仕舞屋があったっけ」と改めて気付くことも多い。しかし、バスや電車だと速度が速すぎて見過ごしてしまう。時にはチャリでも駄目だ。チャリと歩きじゃ大した差はないと思うかもしれないが、やはり全然違う。

さて、これから綴る名詮の散歩日記にも随所に「食べ物屋」が出てくる。寧ろ食べ歩きの記録そのものといってよい。そして、圧倒的に「昔からの店=老舗」といわれる店が多いだろう。先に断っておくが(時代的に)いつから営んでいるから老舗で、そうではないから老舗ではないなどと野暮な線引きはしない。選んでいる店はその土地その土地に根付いて商売してることが多いため、ちょいと休憩し、その地域の雰囲気を感じるのに適してると考えてのことだ。
従って、今流行りの「星」を付けたり、「点数」を付けたりなどということもしない。なぜなら「味覚」は人それぞれだからだ。「僕にとって」が「一般的」という保証はないし、「食べ歩き」好きの人はみんなそれぞれに矜持としているところがある。そのため、僕も淡々と書き綴るまで。

乍憚口上(憚りながら口上)

食べ歩きが「趣味(もしくは好き)」

という人が僕の周りにも何人かいる。また、

街ブラするのが「趣味(もしくは好き)」

といった人もいる。
別に僕の周りに限らず、上記に掲げたような「食べ歩き」や「街ブラ」が好きな人は世の中に沢山いる。そして、そういった人達を対象にしたその手の雑誌や書籍も、本屋に行けば大概は置いてあり、食べ歩き好きや街ブラ好きの人達を後押ししているといっていいだろう。それは大いに結構なんだが、よくよく話を聞いてみると、

「昨日は渋谷の○○へ行ってきた」
「代官山の△△の▲▲▲は外せないよ」
「やっぱ■■■っしょ」

みたいにみんな色んなとこに行って食べてきてるようだが、そこで終わってる。僕が、

「○○に行ってきたんだ? ○○のあの辺りからなら、ちょいと足を延ばすと○○があって、ここの○○もなかなかイケるし、もちょっと行くと別にどこがっていうわけじゃないけど、結構感じの良い町並みが広がってるよ」

というと、きょとんとされてしまうことがある。「何ソレ」である。別に押し付けてるつもりはないが、なかには「なんでそんなことしなきゃいけないの?」って反発に近いものが返ってくることもある。
たしかに雑誌、口コミ、テレビなんかで見て知って、目的の場所に行き「美味しいもの」を食べるのはみんな一緒である。美味しければ、それだけで満ち足りた気分になる。僕もご多分に漏れない。けど折角、外に出たわけだから「ついで」があってもいいんじゃないかな?って思う。
「街ブラ」にしてもそうだ。「新宿をブラブラする」は新宿に限定されている人がいる。そういった人は、ついでに「ちょいと足を延ばして」が少ない。
勿論、新宿みたいな大都市は一日いたって全部を見回れるものではないのもたしかだ。結局、そういった人の話を聞いてると、

自宅⇒目的地

という点と点は結びつくものの、それは自宅を中心にした放射状にあることが多く、目的地同士の横の連携が薄い。「別に連携なんかなくたっていい」といわれてしまえばそれまでだが、外に出たんだから「ついで」を楽しむのも一つではないかな?って思う。
当然、この「ついで」を楽しんでいる人も多くいる。全員が全員、前述したような自宅を基点にした放射状の線上で動いてる人ばかりではない。そこは勘違いされないためにもここで断わっておく。
「それなら、お前はどうなんだ」といわれたら、僕は間違いなく「ついで」型だといえよう。そして、その「ついで」で行動したことをこれまでA6サイズくらいのカードにずっと書き溜めていたわけだけど、それも随分な量になってきた。別に誰かに見せようとして書いたカードではないが、結構な分量になってくると、次第に「欲」というものが出てくる。「ちょっと試しに」である。
そして、あとで読んだらそれこそ冷や汗ものだろうが、今の段階ではお構いなしに、名詮がぶらぶらと東都を散歩した折々のことを書き綴っていこうとしているのである。
地味にFC2BlogRankingへ参加
それでは「春夏冬、二升五合」をお願いまして、皆々様の御手を拝借。

FC2ブログランキング

熊さん。今のお人で何人目だい?
著者寸描(プロフィル)

浮世名詮〔うきよのめうせん〕

Author:浮世名詮〔うきよのめうせん〕
東西東西~。
さて、これより語りまする者はその名を「名詮」と申しまする。

性格は可成ふざけて居りまして、朝イチから行動すればよいものを、昼も過ぎ、夕闇の濃くなる頃から東都のあちらこちらへ出没し、状況に応じて色々な人物を演じ分ける素ッ惚けた根無し草。

まあ、気楽に気楽にお付き合い下りまするよう、隅から隅まで、ズズいっとお頼み申し上げまする。

先づは

乍憚口上
乍憚口上」つづき
乍憚口上」むすび

を一読下さりまするようお願い申し上げまする。

千穐萬歳大入叶

熊八ブログをケータイしておくれっ
ちょいと、そこのお前さん。無視していくんじゃないよ。めうせんの「熊八ブログ」がケータイでも見ることが出来るっていうじゃあないか。おや、知らない?まあ、この人はなんて野暮なことをいいなさんのかねえ。
QR
最近の戯れ書き
項目別四方山話
最近のご意見・ご感想
一筆啓上、火廼要鎮(メールフォーム)
「文は遣りたし、書く手は持たず」なんて謙遜、遠慮なぞは無用ってもんでございやす。へい。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別四方山話
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。