スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年越し蕎麦

今年も結局、仕事は片付かず、大掃除もままならない。
自分なりには一生懸命掃除してるつもりで捨ててるはづなんだけど、一向に減った気がしないのはなんでだろ。
となると諦めが肝心ってことですっぱり投げてしまう。掃除を諦めたら、次は年賀状。大晦日に書くんじゃ元日到着は無理だろってわかってはいるけど、書かないわけにはいかない。取り敢えず、お世話になった人の分だけは認めておく。これでよし。時計を見るともう随分といい時間だ。けど、年賀メールがまだできてない。夜中はひたすら送信に集中したいから今のうちに作っておこうと取り掛かる。時間はどんどん過ぎていく。
年賀メールが出来上がった頃にはすっかり日も暮れている。こりゃ急がないと年越し蕎麦が食えないな。ってことで、チャッチャッと身支度を済ませ、さて、今年はどこで食べようと考える。
上野の「蓮玉庵」か はたまた「翁庵」か …早稲田の「亀鶴庵」も行ってみたいな。って考えながら北風の吹く街中に繰り出す。もうすっかりいい時間を越して、急がないとマズい時間? って状況だ。こうなると仕方ない「エイ、ヤ!」で上野に出てしまえ。あとはどうにでもなろうとイチバチの行き当たりばったり。
上野に着くと一目散に「連玉庵」に向かう。普段なら、ここが候補地のなかで一番早く閉めてしまう(行ってから知ったが、大晦日に限り夜10時まで営業)。大晦日の上、アメ横も近いだけあって上野は人で溢れていて、年も押し迫っているのがよくわかる。
仲町通りを入って少しいくと「蓮玉庵」の看板に明かりが灯っている。「しめたっ!」て思ったね。「これでなんとか年越し蕎麦にありつける」ってね。この時、完全に頭からは同じ通りにある「薮」は頭んなかからすっぽり抜けていた。というか最初っから「薮」は考えてなかったってのもある。
だからといって「薮」が駄目っていうわけじゃない。「薮」は「薮」で十分美味しいんだけど、上野で食べるとなるとどうしても地の利から「連玉庵」に足が向く。なにせ目の前は中央通りだし、その先は上中やらアメ横だ。こうなるとやっぱ地の利は「連玉庵」にあるわけよ。
暖簾を潜り、ドアを開けると驚いた。普段なら、ちょいと時間をずらせばゆったりと過ごすことができる「蓮玉庵」も今日ばかりは満員御礼。こっちは一人なもんで気楽に相席にしてもらい、酒と「おかめそば」を頼む。細く長くよりも、「来年もいいことあるように」って福女おかめさんに願掛けする意味込めてだ。
混んでるなか、席に座ればこっちのもの。味噌で酒をちびりちびりとやりながら、七味もたっぷり振った「おかめそば」をハフハフしながら啜る。ほうれん草、椎茸、蒲鉾、玉子に麩、一切れの柚子の皮。おかめそばは具沢山なのがよい。酒と温かい蕎麦で身体が温まり、さらに七味で発汗作用を促進する。酒も終わり、ツユも全部飲んだ頃にはすっかり身体は温まっている。そこに〆めの蕎麦湯を店員が持ってきたんで、碗を洗うようにして飲み干すと「ああ、今年も無事1年が過ごせました」って素直な気持ちになる。
店は依然として混んでいる。待っている客が外にもいるようだ。一人客があんまり長居しちゃ悪いから「ごちそうさま」って言って店を出ようとすると、女の店員が「来年も宜しくお願いします」の声。
ueno_rengyokuan.jpg
↑池之端「蓮玉庵」。同じ通りの湯島側には「薮」がある。
rengyokuan_okame.jpg
↑蓮玉庵の「おかめそば」
スポンサーサイト

ビール

外ではそれなりに呑むけど、家では殆ど晩酌はしない。晩酌する時は余程、呑んだら直ぐに寝られる状況を必要とする時で、あとは無性に「呑むかな」と思いたった時くらいだ。
それでもビールを普通に呑むようになったのはここ1年だ。それまではビール特有のあの苦味が好きになれなかった。ビール党からすれば「あの苦味がダメだなんて、まだまだヒヨッコ」とお叱りを受けるだろう。
そんな僕がビールを本格的に呑みはじめた理由は実に単純で、僕以上に嗜む程度しか呑まない(というか呑めなくなったらしい)僕のおっしょさんが「銀座のライオンのビールなら、今でもたまにジョッキでやりたい。あそこのビールは呑んだ時、口の中に食パンを食べた時のような、小麦粉のような味が口の中にフワーって広がるっていうか、そんな感じの味なんだよ。あれは旨かった」と言われて、「ビールってそんな感じの味だっけ?」と思って、「よし、ホントにそうなのか自分も呑んで確かめてみよう」って感じで始めたわけ。
それからは外で夜飯を食べる時は、蕎麦屋でも中華料理屋でもビールを頼むようにしてるんだけど、大手メーカーの数あるビールの中でおっしょさんが言ってた「食パンを食べた時のような味」のビールってのは、僕の呑んだごくごく狭い範囲だと、サントリーの「モルツ」とサッポロの「ラガー」がそうだと思う。特に後者のサッポロラガーは通称「赤星」って呼ばれているやつで、これが気に入って呑んでるわけだが、この赤星ってやつは主に飲食店用に卸してるとかで、なかなか小売りしている店はない。まあ、近所の酒屋でもケース注文すれば取り寄せてくれるかもしれないが、最初にも言ったように家じゃ殆ど晩酌しないんで、そんなにいらないわけ。そうなると、やはり小売りしてる店で呑みたくなった時に2、3本買ってくるという感じになる。僕の場合、東京だと新宿の「Osakaya」という店で調達する。というか、ここしか知らないんでわざわざ新宿まで買いに行くんだけどね。
東京では新宿だけど、年に一度か二度行く京都だと河原町三条の「Kent Boy」で調達している。この店はホテルの直ぐ裏手で、付近をぶらぶらしてた時に偶然見つけた。それからというもの、京都に行った際にはチェックイン後、直ぐに買いに行き、冷蔵庫に冷やしておいて寝しなに一杯呑むって感じ。
shinjuku_osakaya.jpg
↑新宿「Osakaya」の外観
sapporo_lagerbeer.jpg
↑通称「赤星」こと「サッポロラガー」

ビール 2

ビールのことで京都についても書いたため、京都の地ビールのことも少し追加しておこう。
大手のビールのなかではサッポロ「ラガー」(赤星)とサントリー「モルツ」が食パンのような味と表現したけれど、京都だと「キンシ正宗」が作っているビールも前者に劣らず「食パンを食べたような味」が口のなかにフワーっと拡がる。むしろ前者よりも呑んだ時、味の拡がりが強いかもしれない。
キンシ正宗自体は日本酒産業では十分に大手メーカーに入り、東京でも置いてある店を見かけるが、ここが作っているビール「京都町家麦酒」については京都をはじめ上方の方ならまだしも、関東じゃあまり知られてないように(勝手に)思う。
キンシ正宗が販売しているビールは「町家麦酒」「花街麦酒」および「平安麦酒」の3種類でどれも独特の味わいがある。なかでも「町家麦酒」は「食パンのような味」がハッキリとわかるだろう。おっしょさんに手土産として差し上げたら「あのビール(町家麦酒)だよ。あれはたしかに銀座のライオンで飲んだビールと同じように食パンのような味が口に拡がるね」って言ってたっけ。
今日、キンシ正宗の本社自体は伏見にあるらしいが、創業者の松屋久兵衛こと堀野氏の本宅は堺町二条上ルに記念館となって残っている。ここは記念館であると同時に奥は軽い呑み屋としても開放してて、「町家麦酒」もここで購入できる。ありがたいのは気持ち試飲もさせてくれることだ。だから、それぞれの好みにあわせて町家・花街・平安から選ぶのもよい。河原町三条の定宿からはちょっと歩くが、それこそ夕闇に紛れてホテルを出て、京の町をぶらぶらと散歩しながら「ついで」で立ち寄るには趣もあってよい店だ。なんならここでソーセージでもかぶりつきながらビールを飲んで、ちょっといい心持ちになった頃、スーッとまた京の夕闇に紛れて歩くのもよい。
kinshi_masamune_horino.jpg
↑堺町二条上ル「堀野家」本宅の外観(現、堀野記念館)
kinshimasamune_machiyabeer.jpg
↑左がキンシ正宗「町家麦酒」。右は「花街麦酒」

地味にFC2BlogRankingへ参加
それでは「春夏冬、二升五合」をお願いまして、皆々様の御手を拝借。

FC2ブログランキング

熊さん。今のお人で何人目だい?
著者寸描(プロフィル)

浮世名詮〔うきよのめうせん〕

Author:浮世名詮〔うきよのめうせん〕
東西東西~。
さて、これより語りまする者はその名を「名詮」と申しまする。

性格は可成ふざけて居りまして、朝イチから行動すればよいものを、昼も過ぎ、夕闇の濃くなる頃から東都のあちらこちらへ出没し、状況に応じて色々な人物を演じ分ける素ッ惚けた根無し草。

まあ、気楽に気楽にお付き合い下りまするよう、隅から隅まで、ズズいっとお頼み申し上げまする。

先づは

乍憚口上
乍憚口上」つづき
乍憚口上」むすび

を一読下さりまするようお願い申し上げまする。

千穐萬歳大入叶

熊八ブログをケータイしておくれっ
ちょいと、そこのお前さん。無視していくんじゃないよ。めうせんの「熊八ブログ」がケータイでも見ることが出来るっていうじゃあないか。おや、知らない?まあ、この人はなんて野暮なことをいいなさんのかねえ。
QR
最近の戯れ書き
項目別四方山話
最近のご意見・ご感想
一筆啓上、火廼要鎮(メールフォーム)
「文は遣りたし、書く手は持たず」なんて謙遜、遠慮なぞは無用ってもんでございやす。へい。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別四方山話
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。