スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日活「ヤッターマン」

ストレス発散を兼ねて、夕方から有楽町のピカデリーへ映画を見に行く。

三池崇史監督「ヤッターマン」(桜井翔主演)

取り敢えず、主演?の高田ガン(桜井翔)は置いておいて、

ドロンジョ(深田恭子)がどうなのか?

が気になっていた。
僕にはアニメ版のドロンジョが印象にあるので、それを実写版で、しかも深田恭子が演じると前宣で知って、最初は

う~む…

と頭を傾げた。ドロンジョのあのセクシーさと深田恭子のイメージが今イチ一致しなかったからだ。ヤッターマン1号・2号を演じるよりもドロンジョのほうが、役作りは遥かに難しいことはいうまでもないだろう。しかし、実際に鑑賞してみて

深田恭子版ドロンジョ

として、いいと思う。深田なりに精一杯、ドロンジョという難しい役をこなしてくれていた。勿論、不満が全く無いとはいえないが、彼女の役作りに対する努力を考えたら、十分に評価できる。
さてドロンボーといえば件のドロンジョのほかにボヤッキー、トンズラーをあわせた三人組なのは周知のことで、それを実写版では生瀬勝久がボヤッキー、ケンドーコバヤシがトンズラーを演じていた。二人とも実に

ハマリ役

で申し分なかった。特に生瀬勝久のボヤッキーは見事で、ほかの二人の持ち味を殺さず上手くリードしているのが流石だ。
それにしても、実写版ヤッターマンは全体的に監督三池崇史が、もうやりたい放題に、ハチャメチャに遊びまくった感がある。時には

子供向けとしては、どうなのよ?

と思うくらいスレスレのネタが散りばめられていて、子供連れの親なんかは、後で子供に意味を聞かれたら、どう答えるのだろうかと思うくらいだ。
で、肝心の桜井翔・福田沙紀が演じるヤッターマン1号・2号はどうなのか、といったら、

正義のヒーローは完璧じゃあない
舞台裏ではヒーローもそれなりに苦労しているんだ

という点がよく表現されていて、よかった。しかし正直いえば、実写版ヤッターマンはタイトルばかりで、中身は

天才ドロンボー

がメイン。ヤッターマンはそのツマといっては失礼か。
スポンサーサイト
地味にFC2BlogRankingへ参加
それでは「春夏冬、二升五合」をお願いまして、皆々様の御手を拝借。

FC2ブログランキング

熊さん。今のお人で何人目だい?
著者寸描(プロフィル)

浮世名詮〔うきよのめうせん〕

Author:浮世名詮〔うきよのめうせん〕
東西東西~。
さて、これより語りまする者はその名を「名詮」と申しまする。

性格は可成ふざけて居りまして、朝イチから行動すればよいものを、昼も過ぎ、夕闇の濃くなる頃から東都のあちらこちらへ出没し、状況に応じて色々な人物を演じ分ける素ッ惚けた根無し草。

まあ、気楽に気楽にお付き合い下りまするよう、隅から隅まで、ズズいっとお頼み申し上げまする。

先づは

乍憚口上
乍憚口上」つづき
乍憚口上」むすび

を一読下さりまするようお願い申し上げまする。

千穐萬歳大入叶

熊八ブログをケータイしておくれっ
ちょいと、そこのお前さん。無視していくんじゃないよ。めうせんの「熊八ブログ」がケータイでも見ることが出来るっていうじゃあないか。おや、知らない?まあ、この人はなんて野暮なことをいいなさんのかねえ。
QR
最近の戯れ書き
項目別四方山話
最近のご意見・ご感想
一筆啓上、火廼要鎮(メールフォーム)
「文は遣りたし、書く手は持たず」なんて謙遜、遠慮なぞは無用ってもんでございやす。へい。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別四方山話
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。