スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長野について

長野といえば、善光寺。それしか浮かばない…

今年は7年に一度の善光寺前立本尊開帳ということで、各地の老若男女が、ウン百万人とお参りしたらしい。そして、清澄氏も行ってきたようだ。
僕にとって善光寺といえば、すぐさま思い出すのが「八幡屋礒五郎」の七味だ。この八幡屋の七味の特徴は、青海苔に代わって生姜が入っていることだ。生姜というのが、いかにも山国らしい知恵だろう。
さて、八幡屋の七味と一緒に思い出すのが同じ門前町にある「レストラン五明館」のオムレツ定食だ。ここのオムレツはシンプルなプレーンオムレツで、濃い味に慣れた過ぎた現代人の舌には、その円やかさを物足りなく感じることもあるそうだ。
が、それは食べる側の工夫が足りないというものだ。ここのオムレツを食べるときは、軽く塩と胡椒を振るものなんだ。そうすれば、

グッと味が引き締まる

というわけよ。だから、五明館もご多分に漏れず、テーブルの上に塩と胡椒が備えられている。
それならば最初から塩と胡椒で味付けしたものを供すればいてじゃあないか、という人もいるだろう。けど、全員が全員、塩・胡椒の効いたプレーンオムレツが口に合うとは限らない。そこで店側は極々標準的なプレーンオムレツを供するわけだ。そしたら、あとは食べる側が常識の範囲で味を調整するものだよ。そのひと手間が大事。
それにしても長野市最大の観光地・善光寺は、観光地であるが故に、門前は

やらずぶったくり

の店も多い。特に蕎麦と日本料理はお話にならないお粗末さ。
信州といえば蕎麦…なのはわかる。が、門前町で食べる蕎麦は、もり一枚が800円も900円もするのは馬鹿らしい。善光寺の門前で蕎麦を食べるくらいなら、しなの鉄道に30分も乗って上田へ出て、有名な「刀屋」で

これでもか!!

と堆く盛られた蕎麦を鱈腹食べたほうが全然よい。
それじゃあ、日本料理はどうなのか?といえば、長野市民、ひいては長野県民が立腹するのを重々承知で敢えていわせて貰えれば、長野市は所詮、

一地方都市

でしかない。だから、洗練されていない。
だからといって、僕は東京や京都のそれが第一等という積りも毛頭ない。また「洗練」の明確な定義を打ち出せる自信もない。ただ、見た感じからして、

田舎くさい都市

といえば聞こえは悪いが、田舎くさいのは、それはそれで存分に特徴として成立するわけだ。それならば、田舎でしか味わえないような、むしろ田舎だからこそ味わえるもの。その地方の名産を美味しく食べさせて貰えることが、何よりだと思う。
しかし、長野にとって、四方を山々に囲まれているということは余程コンプレックスなのか、一生懸命、海鮮物を出したがる嫌いがある。これがいけない。
以前、伺った日本料理屋で会席料理を食べて驚いたのは、先付、碗盛、刺身、焼物、揚げ物、煮物、酢の物、味噌汁…以上の品は全部、魚貝類が何らかの形で関与している。江戸前をもってしてる東京だって、流石にここまで魚尽くしじゃあない。この会席で魚貝類と絡まなかったのは強肴かなにかで出た

蜂の子の佃煮

と御飯、水菓子。
そして、この蜂の子だけが信州の名物だった。
スポンサーサイト
地味にFC2BlogRankingへ参加
それでは「春夏冬、二升五合」をお願いまして、皆々様の御手を拝借。

FC2ブログランキング

熊さん。今のお人で何人目だい?
著者寸描(プロフィル)

浮世名詮〔うきよのめうせん〕

Author:浮世名詮〔うきよのめうせん〕
東西東西~。
さて、これより語りまする者はその名を「名詮」と申しまする。

性格は可成ふざけて居りまして、朝イチから行動すればよいものを、昼も過ぎ、夕闇の濃くなる頃から東都のあちらこちらへ出没し、状況に応じて色々な人物を演じ分ける素ッ惚けた根無し草。

まあ、気楽に気楽にお付き合い下りまするよう、隅から隅まで、ズズいっとお頼み申し上げまする。

先づは

乍憚口上
乍憚口上」つづき
乍憚口上」むすび

を一読下さりまするようお願い申し上げまする。

千穐萬歳大入叶

熊八ブログをケータイしておくれっ
ちょいと、そこのお前さん。無視していくんじゃないよ。めうせんの「熊八ブログ」がケータイでも見ることが出来るっていうじゃあないか。おや、知らない?まあ、この人はなんて野暮なことをいいなさんのかねえ。
QR
最近の戯れ書き
項目別四方山話
最近のご意見・ご感想
一筆啓上、火廼要鎮(メールフォーム)
「文は遣りたし、書く手は持たず」なんて謙遜、遠慮なぞは無用ってもんでございやす。へい。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別四方山話
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。