スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜中華街と「海員閣」

所用があってコンパスさんと葉山に行った。
ハレの日なのに天気は生憎の雨。小雨の降るなか、逗子の商店街をぶらぶらと行く。
雨のなか、逗子の街中を歩いたのは、

キマグレンと生しらす丼

が目当てであった。けど、夏も終わったせいか、逗子の商店街にはキマグレン色も影もなく、そこはただ雨降るばかりの地方商店街だった。
そのかわり、たまたま視界に入った生しらす丼の「看板」に誘われ、ふらりと立ち寄ったその店で食べたしらす丼は、値段も安い上に味もよく、十分に満足した。こういう当てのあるような、ないような街歩きは楽しい。が、遊びすぎて、予定していた肝心の葉山行きバスに乗ることができず、タクシーを使う羽目になったのは、

想定外

といえば想定外だが、道が空いていることと、逗子から葉山へ抜けるトンネルのお陰で、遅刻せずに済んだ。

さて、葉山では挨拶もそこそこにして新逗子駅直行バスに飛び乗る。こうも急いでいるのは、今回の本当の目的である

横浜中華街

に行きたかったからだ。これはコンパスさんと半年以上も前から話していたことで、中華街で遊ぶために半年以上も精神的肉体的の両面を酷使してきた。とくに精神的部分の酷使はなみなみならぬものがあって、随分と更けた気がする。
そして、ようやく「中華街で遊ぶ」という目的が達成されたわけだ。

中華街といっても、なかは聘珍楼や同發、萬珍楼など大店から、路地裏で中華街のなかで暮らしている人を相手にしているような小さな店が軒を連ねている。コンパスさんから聞くところによれば、中華街で多い職業というのは、

中華料理屋
仕立物屋
床屋

だそうで、いずれも刃物が絡んでいる。
それはそうと、数ある中華料理屋のなかで目指したのは、おっしょさんオススメの

海員閣

だ。海員閣はその名に冠してあるように、昔は「海員」がよく通った店だそうだ。大通りに面した店でもなく、電飾キラキラの派手派手な店でもない。しかし、いかにも昔ながらの店といった佇まいだ。
昔作りの家に多く見られるように、急勾配の階段を2階へあがると、およそ中華料理屋という感じはしない。その一番奥まったところへ通されると、人懐っこいお婆ちゃん(オバさんもいる)が注文を取りに来るのだが、お品書き(2階にあがると、メニューは「お品書き」といったほうが実にしっくりくる)を見ていると親切心からのひと言アドバイスをしてくれる。その風すらもなんだか昭和のままといった感じだ。

取り敢えずのビールと焼売を頼む。この焼売がまた絶品で、僕が中華街に寄った際、買いに行く清風楼のそれとくらべると、とても焼売と呼べる形はしてない。しかし、これを肴にビールを飲むと、なんとも形容しがたい極楽が口のなかに現れる。

口福

とは、こういうことは指すのだろう。当然、この焼売はお土産としてひと折、家人に買って行った。
あとは敵に出会ったかのように次から次へと頼んでは食べ、頼んでは食べを繰り返した。この間、僕とコンパスさんは無言である。まさに美味い物を食べると形容の必要がない(無言になる)とは、このことだ。
45hama-chukaga1 45hama-ka11nka9
↑横浜中華街と「海員閣」の外観…ケータイカメラだとあまり鮮明じゃないね
これがケータイの限界かな…
45hama-ka11nka9beer 45hama-ka11nka94ma1
↑ビール(大)と焼売…うーむ、ビールが進む
45hama-ka11nka9su2ta 45hama-ka11nka910risoba
↑咕咾肉(すぶた)と鶏絲麺(トリそば)
45hama-ka11nka95mo9 45hama-ka11nka9an2n
↑什錦炒飯(五目チャーハン)と芳香杏仁豆腐(アンニントウフ)
スポンサーサイト

横浜「バー・シーガーディアンⅡ」

海員閣で鱈腹食べたせいか、お腹が張って苦しい二人。
そこで、少し腹ごなしをしようと、再び夜の中華街を歩く。次第にどの店も閉めつつある時間だが、土産物屋の明かりを頼りにぶらぶらする。

閉店間際の中華街。雨の降りそぼる中華街…

なんだか電飾看板も元気なさげな感じがする。
頃合をみて、というよりも腹ごなしの状況をみて、やがて僕とコンパスさんは中華街を後にした。向かった先は、山下公園に面し横浜を代表する

ホテルニューグランド

だ。1927年創業のクラシックホテルで、エントランスからの階段に敷かれた青の絨毯は、このホテルの象徴といってよい。
その本館右奥にある「バー・シーガーディアンⅡ」は、英国調の正統派バーといったところで、実に落ち着いた感じだ。ここのソファに腰掛けて、静かにウィスキーを傾け、煙草の煙をくゆらし、ゆったりと過ごす(もちろん、シーガーディアンの名カクテル「ヨコハマ」を飲むのもよい)。

大人の時間

を贅沢に味わえるといっても過言ではあるまい。
ここのバーは、男と女が気障なセリフでグラスを傾けるよりも、男同士で来て、静かに語り合うほうがよい。そういう意味では、先輩後輩の関係もあまりオススメではない。

同僚、悪友…

そんな間柄の男同士が、紳士的に酒を飲み交わす。言葉数はそんなに多くなくてよい。
ただゆっくりと煙草の煙をくゆらせ、これまで溜め込んでいた

憂さ

にも似た「思いの堰」を少しずつ少しずつ、ウィスキーに浮かぶ氷のように静かに溶かしながら、時間をかけて心をリフレさせる。シーガーディアンにはそんな力が秘められているように思う。

結願(けちがん)

本日夕刻、坂東第三十三番札所「補陀洛山那古寺」を参詣した。
これにて無事、全ての坂東札所を巡り終える。そこで、

  無事、結願して
観 音 も ゆ る し 給 ふ ぞ あ わ は ん に ゃ   名詮

と一句よみ、本日はこれぎり。(委細は後日…)

浴衣

今年の夏は、冷夏というよりも天候不順ですっきりしなかった日が多かった。そして、もう9月である。朝晩は随分と涼しくなった。それよりも日の暮れるのが少しずつ早くなってきている。着実に季節は秋へと移っているのである。
しかし、残念なことに今年は、春夏とも季節を実感したという記憶が薄い。追い立てられるようにして、

あっ

という間に過ぎてしまった。ただ、まったく実感していないのかといったら、そうではない。屋形船に乗って、夕涼みはしているし、避暑で「日光」へも行っている。先日は浴衣に袖をとおし、下駄をつっかけて「高円寺阿波踊り」を眺めにも行った。…秋以降は少し季節を感じる余裕は出てくるだろうか。

さて、今回は「浴衣」について、少し述べたい。
浴衣は、「湯帷子(ゆかたびら)」からはじまったものであることは周知のとおりだ。単なる帷子に遊び心がくわわり、江戸時代には様々な構図のものが生み出された。
浴衣の第一位は、やはり

藍染

のものだと思う。暑い夏に藍の色は見た目に涼しくてよい。僕の持っている市松模様の浴衣はこの藍染で、大ぶりに石畳を配置してある。それは江戸時代から定番の構図であるが、現代でも十分に通用するものだ。いや、むしろ現代では

斬新な構図

として受け入れられるようだ。なにせ、この市松模様の浴衣にベージュの献上帯をキュッと締めて先に述べた「高円寺阿波踊り」へ見物に行ったら、たまたま居合わせた欧米系の女性らに、見物客のその他大勢としてではなく、僕ひとりを被写体としてデジカメでパシャパシャと撮られた。勝手な想像だが、浴衣という古風なものでありながら、構図がゆえに

モダン

なものと彼女たちの目には写ったのだろう。
しかし、残念なのことに今日では、男物の浴衣に藍染ものは構図が非常に限定されている。これが詰まらない。この市松の浴衣だって、弁慶格子の浴衣を探している時に、町中の小さな呉服屋で偶然見つけたもので、都心のデパートでは1店たりともお目にかかることはなかった(弁慶格子の浴衣は早3年も探しているが、いまだにみつからない)。デパートなんかに入っている呉服屋なども、もっと色々遊び心のある構図のものを出してもいいのではないかとも思うのだが、それ以前に男は温泉でも行かない限り、あまり浴衣の袖に手をとおさないから、売り手・作り手としては

売り甲斐がない

として、男物に対しては少し手を引いているのかもしれない。
もっとも最近の若い人は、生活環境がほぼ洋風に進化を遂げてか随分とスリムで足は長く、骨盤は小さいため、正直なところ浴衣は体型的に

様にならない

ため、遊び心のある構図のものが増えたとしても、似合う人は少ないかもしれない。やはり男の浴衣は顔が大きく胴長短足、骨盤のしっかりした昔ながらの日本人体型が一番だろう。
地味にFC2BlogRankingへ参加
それでは「春夏冬、二升五合」をお願いまして、皆々様の御手を拝借。

FC2ブログランキング

熊さん。今のお人で何人目だい?
著者寸描(プロフィル)

浮世名詮〔うきよのめうせん〕

Author:浮世名詮〔うきよのめうせん〕
東西東西~。
さて、これより語りまする者はその名を「名詮」と申しまする。

性格は可成ふざけて居りまして、朝イチから行動すればよいものを、昼も過ぎ、夕闇の濃くなる頃から東都のあちらこちらへ出没し、状況に応じて色々な人物を演じ分ける素ッ惚けた根無し草。

まあ、気楽に気楽にお付き合い下りまするよう、隅から隅まで、ズズいっとお頼み申し上げまする。

先づは

乍憚口上
乍憚口上」つづき
乍憚口上」むすび

を一読下さりまするようお願い申し上げまする。

千穐萬歳大入叶

熊八ブログをケータイしておくれっ
ちょいと、そこのお前さん。無視していくんじゃないよ。めうせんの「熊八ブログ」がケータイでも見ることが出来るっていうじゃあないか。おや、知らない?まあ、この人はなんて野暮なことをいいなさんのかねえ。
QR
最近の戯れ書き
項目別四方山話
最近のご意見・ご感想
一筆啓上、火廼要鎮(メールフォーム)
「文は遣りたし、書く手は持たず」なんて謙遜、遠慮なぞは無用ってもんでございやす。へい。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別四方山話
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。