スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

船橋の酒場~さらば一平。こんにちは加賀屋。

この前、久し振りにコンパスさんと船橋で呑んだ。
いつもの一平である。
が、しかし・・・かなしいかな。久し振りの一平は質が落ちたように感じる。
なんだか

商業主義

に走っているように感じた。もちろん、店側にも事情はあろう。材料費を考えれば、それでも十分に安いわけだが。
しかし、客側のわがままな言い分からすれば、質的にも量的にも、わづかに数ヶ月で数段落ちた気がする。
はじめて行ったときは、先代がまだ店を預かっていて、採算無視(・・・実際はちゃんと採算がとれていようが)でやっているような感じがあった。そして、客たちは客たちで混雑していても今の一平よりはいくぶん

和やかな雰囲気

であったように感じる。今の一平はただ混雑している安酒場にすぎないと思う。それにずいぶんと若い女性客が増えた。別に性差するわけではないが、やはりこの手の安酒場に女性客は似合わない。なんとなく男は意識しちゃうんだよ。
だから、早々に切り上げた。そして、数軒隣りの

加賀屋

に向かった。
以前にも述べたが、一平・加賀屋・あまから屋の三店が船橋三代居酒屋(安酒場)という。
加賀屋の名物はなんといっても

特製ハイボール

だろう。特製ハイボールが凄いのは、焼酎とエキス(天羽の梅)だけでグラスの9割を占め、オリジナル炭酸の瓶が別にきて、自分で割りながら飲むという代物。当然、最初は9割が酒類だから、炭酸を入れても味が

濃い

わけだ。その濃いところをやりながら、モツ煮込みを食べる。加賀屋のモツ煮込みといったら、一人用の土鍋にたっぷり盛られて出てくる。一平のそれが小鉢に盛られてくるのと比べれば、そのボリュームは

一目瞭然

だ。しかも一平はいつの頃からか、モツ煮込みにコンビーフを入れるようになり、味に締りがなくなったようにさえ感じる。こういったところも一平が残念な店になったところだ。
加賀屋で酔いにまかせてコンパスさんと話し合った内容は語るにおよばない。それくらい馬鹿な話しかしていない。
ただ思うのは、船橋で呑むときは、加賀屋が今後しばらくの間、疲れた男二人の止まり木になるだろう。
スポンサーサイト
地味にFC2BlogRankingへ参加
それでは「春夏冬、二升五合」をお願いまして、皆々様の御手を拝借。

FC2ブログランキング

熊さん。今のお人で何人目だい?
著者寸描(プロフィル)

浮世名詮〔うきよのめうせん〕

Author:浮世名詮〔うきよのめうせん〕
東西東西~。
さて、これより語りまする者はその名を「名詮」と申しまする。

性格は可成ふざけて居りまして、朝イチから行動すればよいものを、昼も過ぎ、夕闇の濃くなる頃から東都のあちらこちらへ出没し、状況に応じて色々な人物を演じ分ける素ッ惚けた根無し草。

まあ、気楽に気楽にお付き合い下りまするよう、隅から隅まで、ズズいっとお頼み申し上げまする。

先づは

乍憚口上
乍憚口上」つづき
乍憚口上」むすび

を一読下さりまするようお願い申し上げまする。

千穐萬歳大入叶

熊八ブログをケータイしておくれっ
ちょいと、そこのお前さん。無視していくんじゃないよ。めうせんの「熊八ブログ」がケータイでも見ることが出来るっていうじゃあないか。おや、知らない?まあ、この人はなんて野暮なことをいいなさんのかねえ。
QR
最近の戯れ書き
項目別四方山話
最近のご意見・ご感想
一筆啓上、火廼要鎮(メールフォーム)
「文は遣りたし、書く手は持たず」なんて謙遜、遠慮なぞは無用ってもんでございやす。へい。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別四方山話
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。