スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大胆と繊細・その5つづきのつづき(オランダの休日 4-5-3)

ここから悲劇はどんどん積み重なっていく。とりあえず駅から出て、あらためて切符を買いなおそうとおもった名詮さん。ここからライデン行の切符をあらたに買えば問題ないからね。だが、アルクマール北駅は無人駅というか、

対人の切符売り場がない!(というか閉まってた?)

東京でいうところのスイカやパスモがあれば、券売機で買えるみたいだが、窓口らしきところは完全にしまっている。おまけに駅前にも、それらしき売り場が見当たらない。仕方ない。とりあえず、無賃がばれないことを祈りながらアムステルダムに戻ろうと、上りのダイヤをみると、次の列車は

4時40分か50分(だったと思う)

すでにアムステルダムから、30分は乗っているわけだから、アムステルダム到着は5時10~20分くらいになるわけだ。アムステルダムを運良く?着いて、ライデン行きに乗り継げたとして、アムステルダム―ライデン間は40分くらいかかる。待ち合わせは6時にホテルノロビーだ。ライデン駅からホテルまでは3分あれば着く。が、それはライデンをとおるアムステルダム発の列車があればの話だ。実にギリギリの綱渡りだ。一縷の望みを賭けて、アムステルダム行きの列車に乗り込む。
時間も時間だからか、路線が路線だからなのかはしらないが、上りの列車もガラガラだ。これで乗降口に立ってると、かえって目立つから、今度も1番後ろの席に座り、小さくなっていた。小さくなりながら、

アムスまで、アムスまでの30分。どうか、どうか検札が来ませんように。

必死になって念じていた。名詮さんの必死の念が遥かとおい日本の神様に通じたのか、なんとか事なきをえて、アムステルダムに戻ってきた。が、もう冷や汗ものだ。心臓はバクバクしている。アムステルダムに着くと、いそいでインフォメーションボックスに行き、男性スタッフに

Hi,I want to go to Leiden!!!!(もう、何番線なのかを聞いてない。自己の主張のみだ・・・)

というと、男性スタッフはペンをいじりながらうんうんとうなずき、名詮さんの自己主張を聞くと指さしながら、あっさりと、

Two(2番線だ)

名詮さんは、Thank youというが早いか、急いで2番線ホームに駆け上がり、液晶ボードをみると、ハーグ行きの列車だ。が、時刻は、

5時30分

先にも述べたが、アムステルダム―ライデン間は40分かかる。つまり、ライデン到着予定時刻は6時10分ごろ。はい、

間に合いません

名詮さん、心のなかで半ベソ状態ですよ。
スポンサーサイト

大胆と繊細・その5つづき(オランダの休日 4-5-2)

なんとか列車に乗り、ひと安心した名詮さん。ゆらりゆられていると、次の駅に着いた。名前はしらない。けど、見覚えがある。ライデンからアムステルダムに向かうときにも着車した駅だ。こうなると人間は安心するもので、名詮さんも御多分にもれず、安心する。

このまま、乗っていればライデンに着く

そう気軽に考えられるようになって、のんびりと車窓からの風景を楽しみはじめる。オランダは実に平野の国だ。どこまでも平地がひろがり、牛さんたちが放し飼いになっている。のんびりと牧草を食む牛さんたちをながめている。オランダは運河の国である。いたるところに運河が開かれ、船やボートが行き交っている。こうした風景は、やがて駅に近づくと家が連なる町の風景へと変化していく。しかし、20分も列車にゆられていたころだろうか、なんか

違和感

を感じはじめる。駅に近づくたびにあらわれる町並みが何か違う気がする。駅の間隔も思ってたほどに近く、町並みが連続しているような感じも受ける。さらに駅数も多いような気もする。

なんか嫌な予感

が胸を過ぎる。乗車して30分をすぎたころ、背後の液晶ボードで行き先を確認すると、ライデン(Leiden CS)の文字がなかなか出てこない。段々と不安になってくる。そんななかで着いた駅の景色を車窓からみると割合に大きな駅だ。看板をみると、

Alkmaar

と書かれている。

絶対、違う。こんな駅、行きにみた記憶がない。

とあわてて、ナップサックから「地球の歩き方」を取り出して、路線図をみる。Den Helder・・・Alkmaar・・・

しまった!反対方向の列車に乗っている!

アムステルダムからライデンに行くには南下しなくちゃならないのに、北上してしまった。で、あわてたが、もう遅い。ドアが閉まった。仕方なく、次の駅で降りる。

Alkmaar Noord

ひと駅前のアルクマールとは違い、いかにも郊外みたような、駅前になにもないところだ。名詮さんがあわてて下りたのは、もちろん、行き先を間違えたからだ。しかし、それだけではない。オランダの鉄道は買った切符の区間外に行って、検札にあった場合、高額の罰金が課されるからだ。

大胆と繊細・その5(オランダの休日 4-5-1)

アムステルダム中央駅にもどると、チケット売り場にむかう。

ゲッ!

凄い長蛇の列。しかもバックパッカーみたいなひとたちばかり。それならばと、反対側のチケット売り場へとむかう。こちらは、換金所も兼ねているのか、もっと長蛇の列。これは埒が開かないと思い、あきらめて、またさっきのチケット売り場にならぶことにした名詮さん。やはりライデンを出発するときに、往復切符にしておけばよかったと今更に後悔である。待つこと、並ぶこと20分。ようやく、ライデン行きの切符を買う。けど、6時まで2時間半もあるため、まだ多少は余裕の気持ちだ。
切符を手にすると、今度は、インフォメーションボックスにむかう。

Hello, I want to go to Leiden. What number platform?(ブロークンすぎるどころじゃないな。体をなしてない)

でも、スタッフの女性は名詮さんのいいかげんを超えた言葉を理解してくれて、液晶ボードを指しながら、

Twelve (12番線よ)

と答えてくれる。Thank youと挨拶して、改札に入る。

1、2、3、4・・・

とホーム番号を確認しながら、駅構内をすすむ。

9、10、11・・・13?!

え?! 13?!・・・12ってどこよ?

さらにすすむと14、15、16。12番線だけがみつからない。名詮さん、パニックですよ。今来たところを戻ってみる。けど、12番線だけが見つからない。刻一刻と発車時間は迫っている。もう1度すすんでみるが、やっぱり見つからない。で、そういうときに限って、近くに駅員も見当たらない。そして、

タイムオーバー

である。気を取り直して、駅構内を改札までもどろうとした時、女性のスタッフがいたので、

Excuse me, I want to go to Leiden.

と言うと、携帯用液晶ボードで調べてくれて、

Eighth (8番線よ)

という。お礼をいって、8番線ホームに行く。ホームにあがって、液晶ボードをみると、行き先は

Den Helder +10minute

とある。さすがの名詮さんも到着が10分遅れているのはわかったけど、

Den Helder?・・・聞いたことがない行き先だな。

と一抹の不安が頭をよぎる。しかし、とりあえず待つだけ待ってみようと、そのまま列車が来るのを待つ。予告どおり、10分程度遅れて列車が来る。そこで確認とばかりにホームにいた駅員に、名詮さんは列車を指さしながら、

To Leiden? To Leiden?

と2回聞くと、駅員はOKといって、列車に乗れと指図する。そこで、安心して乗り込むとなかはガラガラだ。
あとはライデンに帰るだけという安心からと、かなり疲れもたまっていたのと、なにごともものは試しという冒険心とで1番後ろの席に着く。背面の壁には液晶ボードがあって、行き先もわかるから大丈夫だ。
名詮さんを乗せた列車は、夕方4時少し前にアムステルダムを後にした。

大胆と繊細・その4(オランダの休日 4-4)

旧教会を取り巻くように、ぐるりとある飾り窓。ご丁寧に旧教会の周りにはベンチも設置されている。ちょこんと座って休みたい。が、場所が場所だけにそれとはいかず、というよりも、さすがに怖くて座る度胸はない。こういうときに平然と座っている現地?のひとがうらやましい。それでも一応、旧教会そのものは歴史ある建物のため、ガイドがツアーかなんかの一団をひきつれ、教会の説明していたりもする(・・・たぶん。聞き取れてないけど、雰囲気で、たぶんそう思っている)。風俗街と歴史的建造物とが共存しているからこそ織りなすことのできる不思議な光景だ。
そんな飾り窓と道一本となりのワルムス通りとを行ったり来たりする名詮さん。一体、どれくらいグルグルグルグルグルグルグルグル・・・とめぐったかわからない。
飾り窓そのものに対する感想は別のときにあらためて書くとして、名詮さんがみたオランダの面白いところは、

オープン

な部分が多いということだ。だから、見た目でわかりやすい。飾り窓ととなりのワルムス通りでは(というより、ワルムス通りのほうが多かったかもだが)、窓際に、アダルトな、その手のアイテムがズラリとならぶ。つまり、そこが

アダルトグッズの店

であることを主張していてくれるわけだ。非常にわかりやすい。実に日本とは対照的だ。日本では、看板ばかりはデカデカとしたものを掲げているのに、窓は目隠しされ、ドアも下手したら2重にしたりして、入ってみないと様子がわからない。けど、オランダはくだんのように窓際にはアイテムが陳列され、ドアも開け放たれているため、外からようすがうかがえて便利だ。このオランダの開放的性格に助けられて、名詮さんも(後学のために)、何軒かの、ま、その手のショップに出たり入ったり。さらには、店の入口に置いてあった

フリーペーパー

までちゃんともらってきた(これは、あとでやっかまれる原因になった)。
そんなこんなしていたら、飾り窓周辺という、ごくごく狭い地区だけで2時間もあちこちウロついていた。実はこの2時間、名詮さんはほとんど立ち止まることなく過していた。おなかも空いていたけど、昼飯もパスである。しかし、そんなことやってるとさすがに足も疲れはじめ、また大体は見尽くしたはづと思って、ダムラック(Damrak)に面した旧証券取引所までもどった(といっても、旧証券取引所も目鼻な距離だが・・・)。そして、取引所の建物を背にし(周りを囲まれないようにして)、ようやくタバコに火をつけた。やっと、ひと休みだ。そこであらためて時計を見るともう3時に近い。タバコをゆっくりと吸いながら、

よし、帰ろう。
今からライデンに戻れば、4時か4時半には着くな。
そしたら、博物館前のカフェでなんか軽めのものを食べて、ビールを飲んで、それからホテルに戻ってシャワーを浴びても全然余裕だ。

そう今後の段取りをイメージして、お名残にもう1度だけワルムス通りをとおって、名詮さんはそこを後にした。

大胆と繊細・その3(オランダの休日 4-3)

12時30分ごろ、アムステルダムのプラットホームに降り立つ。やはりデカい。ひろい。ひとがたくさんいる。ライデンとはくらべものにならない。けど、首ごとキョロキョロはしない。あくまで、目だけをチラッと左右にうごかす。サングラス越しだから、目の動きもそれほど目立たないはづだ。歩き方も変えた。なんて説明したらよいかな。黒人のR&B系のPV的な、重心をかぎりなく落とした大股のようなガニ股のような、

Hey,Yo! Hey,Yo!

と言ってそうな、そんな感じ。うーん、闊歩というのかな。ま、とにかく、そんな感じだ。
駅の中央通路を聖ニコラウス教会寄りの出入り口に向かう。意外と構内は暗い。対照的に外は澄んだ夏空だ。横断歩道をはさんだ向かいに、観光案内所(vvv)がある。そこで1度振り返り、駅舎の全容をみる。生憎、中央口は工事中で、少しがっかりな絵面だ。話によれば、辰野金吾が設計した東京駅は、このアムステルダム中央駅の駅舎をモティーフにしたらしい。

ams_holday_amscs

けど、本場アムステルダムの駅舎は、東京駅のそれとくらべて、もっと厳ついし、もっと豪華だ。はじめて眺める人に迫るなにかがある(と思っている)。
この駅舎を背にして左前方に、聖ニコラウス教会(St.nicolaaskerk)がある。ここが名詮さんの決めた最初のチェックポイントだ。その距離は驚くほど近い。橋をわたったすぐ目の前だ。

ams_holday_st.nicos

うん、googleマップのストリートビューで確認したとおりだ。こっちで間違いない。この教会を左側にみながら直進すれば、目指す旧教会のエリアにでるはづだ。一応、ガイドブックはナップサックに入れてはあるが、地図は頭に叩き込んだ。

大丈夫。

そう、自分に言い聞かせながら、ものの5分もせずに、エリアの入り口に着いた。あまりに呆気なくて、拍子抜けした。一瞬、

え?

そう気が緩むくらい呆気なく、旧教会エリアについた。しかし、ここからが本番だ。入口までは大通りなのだが、いよいよ進まんとするエリアは道が狭い。車が行き交えるほどはない。そこに随分なくらい往き来きする人たちがいる。

ここまで折角来たんだ。ええい、まま、よ。

そのまま、ワルムス通り(Warmoes Straat)に入り、旧証券取引所(Beurs van Berlage)の裏あたりから、さらに運河沿いに向って折れ行くと、広場にでる。ここが旧教会だ。そして、この旧教会を取り巻くようにして立ち並ぶ建物群が目当ての飾り窓だ。

大胆と繊細・その2(オランダの休日 4-2)

翌朝8時。ホテルの食堂に向うと、すでにみんな揃って朝食をとっていた(というか、朝食はいつも「大体」7時30分くらいから各人自由に、といいながらも、名詮さん以外はその7時30分には着席している)。そのテーブルに名詮さんも着いて、朝食をとる。そこで、各人の前日の行動と今日の行動を話し合う。そして、コンパスさんが仕事のサポートにまわっていて、かつ今回の一団の総責任者から、

夕食はお招きを受けてますから、ロビーに夕方6時集合ということで。

と念を押されると、朝食はお開きとなった。
午前中は、部屋でノートPCをネットにつないで、アムスのマップを確認したりなんだりと細々とした下調べの作業をして、時計をみたら、もう11時だ。前日までにいろいろと念を押されているから、名詮さんも気合をいれた。
まづ、服装はユニクロのポロシャツ(グレー)とGAPのジーンズをロールアップにして、それに前日のデルフト観光でも着ていった、おなじくGAPの薄手なパーカー。地味にしてシンプルな格好だ。
面体はいじりようがないかといえば、実はオランダに入国してから今日のアムスを意識していたため、その間、一切ひげは剃らず、顔は無精ひげがそれなりに伸びている。そのうえ、網膜はく離に罹った片目を保護する意味もあって、日中の移動時はサングラスを常にかけている。日本だったら、いかにも胡散臭そうな、なんか近寄ってはいけなさそうな、ちょい怖な感じの風貌だ。
つぎに現金は、最悪の事態を想定して、財布に10ユーロと5ユーロの組み合わせで100ユーロ。そのほかに、ブーツ両足の中敷の下に、10ユーロで50ユーロ分ずつ隠し、カバンはショルダーではなく、小型のナップサックにかえた。これで準備はととのった。
ライデン中央駅にむかうと、カウンターで切符を買う。

Hi,One way ticket to Amsterdam.(ブロークンすぎるか)

ここで「A round ticket」にしなかったのが、あとあとに影響するのだが、このときはそんなことは露ほどにもおもわない(はっきり言って、失敗であった)。

よし!チケット、ゲット!
いざ、出陣!

である。プラットホームで待っていると、ほどなくアムステルダム行きの列車がくる。

オランダ語が聞き取れなくても、終点までいけばいいのだから、大丈夫。

そう安心しながらも、はじめての海外で、はじめてのひとり行動。警戒のため、座席に着かず、乗降口近くに立つ。しかし、曜日は日曜日。駅に着くたびに、次々と乗客がある。チャリも乗り入れてくる。だから乗降口付近はかなりの満員状態で、どんどん乗降口から奥へ奥へと押しやられる。だから車窓から外の風景が見えない(これが2つ目の悲劇)。というよりも、オランダ人の体格のよさで、車窓がふさがれている。
そんな状況のなか、アムステルダムの2駅手前(たぶん、スキポール空港駅か)くらいで、どっと客は降り、ようやく車窓からの風景がみえた。のどかな田園風景である。そして、それはやがて家が連なる街の風景へとかわっていった。

名詮さんはアムステルダムに到着した。

大胆と繊細・その1(オランダの休日 4)

ユトレヒトに一緒に行かないか。

コンパスさんにそう言われた。
休日第1日目のデルフト~ハーグ見物を済ませ、無事にライデンに戻ってきた日の夜遅く、ホテル裏口に設置されているベンチに腰掛けながら、たばこを吸っていたときのことだ。
しかし、名詮さんとしては、オランダに来たからは、やはり

アムステルダム

に行ってみたい。だから、断った。コンパスさんは心配そうにしている。

アムスって言っても、行きたいのはアソコだろ?

その言葉にたばこの煙をくゆらしながらうなずく。そう、名詮さんが行きたいのは、アムスのなかで、たぶん危険ゾーンに入ろう

飾り窓周辺

だ。

だから、嫌なんだよ。
ただのアムス観光なら一緒に行ってもいいけど、行きたい場所が飾り窓だから一緒したくないんだよ。

コンパスさんの言いたいことはよくわかる。飾り窓はアムスを代表する風俗街だ。治安はいいはずがない。はじめての海外で、しかも英語もまともに話せない名詮さんがひとりで行くのはかなりリスキーな場所だ。なにせ、前日に、留学経験もあって英語での会話に不自由もしない、そのうえヨーロッパ各地を結構歩いている同道者のひとり(名詮さんにとっては、直接の責任者)に仕事をしながら、

日曜日にアムスに行こうと思うんだけど、どんなことに注意したらいい?

と聞いたら、

どうせ飾り窓に行くんだろ。ここは日本じゃないから、自分の命は自分で守ること。

とあっさりにして、ズバリのひと言。そんな場所が飾り窓だ。さらに、ライデンで今回の仕事に協力してくれている先方のオランダ人も、少しぎこちない日本語で、

アムステルダムは、普通にしてたら、いいところです。
けど、もし、ひったくりに遭いそうなったら、こう!

と、ぶん取られまいとする、また奪い返そうとする、護身のヂェスチャをする。さらに出国前に、仕事の関係で数年の間ベルギーに滞在していた友人にメールで聞いても、返事は似たようなものだった(その友人も飾り窓のあたりに行くときは、不法滞在している中国人のように振舞っていたらしい)。それくらい気合を必要とする場所がアムスらしい。けど、どうしても行きたい。だって、次にまたオランダに来るチャンスがあるという保障はないからね。

大丈夫だよ。心配しなくても。用心するから。

とあっけらかんに名詮さんが言えば、

当たり前だよ。用心すぎるくらいに用心しなきゃダメなんだよ。

とコンパスさんの語気が少し興奮気味だ。

俺はユトレヒトに行くから、一緒に行こうよ。

名詮さんはなにも答えない。だけど、心は決まっている。やはりアムステルダムだ。コンパスさんは名詮さんの説得をあきらめたようだった。ふたりともひと頻りたばこを吸い終えたので、それぞれの部屋にもどった。
地味にFC2BlogRankingへ参加
それでは「春夏冬、二升五合」をお願いまして、皆々様の御手を拝借。

FC2ブログランキング

熊さん。今のお人で何人目だい?
著者寸描(プロフィル)

浮世名詮〔うきよのめうせん〕

Author:浮世名詮〔うきよのめうせん〕
東西東西~。
さて、これより語りまする者はその名を「名詮」と申しまする。

性格は可成ふざけて居りまして、朝イチから行動すればよいものを、昼も過ぎ、夕闇の濃くなる頃から東都のあちらこちらへ出没し、状況に応じて色々な人物を演じ分ける素ッ惚けた根無し草。

まあ、気楽に気楽にお付き合い下りまするよう、隅から隅まで、ズズいっとお頼み申し上げまする。

先づは

乍憚口上
乍憚口上」つづき
乍憚口上」むすび

を一読下さりまするようお願い申し上げまする。

千穐萬歳大入叶

熊八ブログをケータイしておくれっ
ちょいと、そこのお前さん。無視していくんじゃないよ。めうせんの「熊八ブログ」がケータイでも見ることが出来るっていうじゃあないか。おや、知らない?まあ、この人はなんて野暮なことをいいなさんのかねえ。
QR
最近の戯れ書き
項目別四方山話
最近のご意見・ご感想
一筆啓上、火廼要鎮(メールフォーム)
「文は遣りたし、書く手は持たず」なんて謙遜、遠慮なぞは無用ってもんでございやす。へい。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別四方山話
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。