スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日光「金谷ホテル」

時間の合間を見計らって、2年振りに日光へ行く。
今年は夏らしい爽快な青空を拝んだ記憶がない。気象庁の見解では関東は梅雨明けしているはづなんだが…たしか2年前に日光へ行った時は、台風一過の後だったが、これもすっきりと晴れることがなかった。日光とは相性がよくないのかしらん。
さて、2年前も日光については少し書いたと思う。明治以降、御雇外国人向けの避暑地のひとつとして、日光は整備されたわけだ。その日光の昨今は世界遺産登録もなされているため、より一層、外国人観光客の姿を目にする。なんとない感覚的なものにすぎないが、

東京に次いで関東では日光が外国人観光客を目にするのではないか?

と思えてくる。
それはともかく、日光の名物といえば、まづ第一に浮かぶのが

湯波

だろう。駅から東照宮に向かう道すがらには、大小何軒もの湯波料理屋がある。また直接的には湯波と関係しないような中華料理屋やパスタ屋なんかも湯波をアレンジしたものを出す。それほどまでに湯波と日光の関係は切っても切り離せないものとなっている。なかでも旧名を門前西町といった参道から少し外れた大谷川沿いの町中にある「高井家」の湯波懐石などは、旅先で出会えるちょっとした贅沢であることを前に書いた。
今回も高井家で湯波料理の数々に舌鼓を打ち、のんびりと過ごしてもよかったのだが、前回の日光旅行で最後まで高井家と並んで候補と考えていた

金谷ホテル

が、

日光へ行くぞ

と決めてから、急に気になりはじめた。さらに金谷ホテルは高井家とは違い、予約不要(※一部、この限りではない)というのも魅力的だった。そうなると、単純な性格の僕なぞは、気分がどんどん金谷ホテルに傾いていくわけだ。
金谷ホテルは明治6年創業という。現存する建物は日本のホテル建築史上、最も古いものであり、クラシックホテル(ただし、最古のホテルは明治4年創業の京品ホテル)のなかでも、老舗中の老舗ホテルと位置づけられる。大谷川を望む木立のなかにあるそれは独特な造りで、日本人のものとも外国人がイメージしたものとも解釈できるような、江戸から明治への転換がゆるやかなものであったかのような、不思議な

日本風

むしろ

オリエンタル風

とでもいうような外観を持つホテルだ。
そこのダイニングルームで供されるランチは手頃な価格で食べることができるが、だからといって手抜きされているわけじゃあない。長年、大事に使い込まれただろうノリタケの銀食器は手に取れば優しくフィットするし、一杯のシェリーにしても、シンプルながらすっきりとした足高のグラスで程よく冷やされたものが供される。このことからも、ランチのみの利用でも、金谷ホテルは客をぞんざいにしていないのがわかる。もっとも、

昼から早速、酒かよ

とお叱りを受けそうだが、本場イギリスでは「シェリー」に限っては昼から飲んでも許されるアルコールだ。だから容赦してもらおう。けど、今思い出しても、シェリーをいただいている間は、すっきりとした味に、いささかの涼を得られた気がした…外は曇天、湿度高めの昼下がりのことである。
ka78htl-entrns ka78htl-dr
↑日光「金谷ホテル」のエントランスとダイニングルーム
ka78htl-sherry
↑食前酒として、シェリーを一杯…
ka78htl-lnch1 ka78htl-lnch2
ka78htl-lnch3 ka78htl-lnchdes
↑金谷ホテル「夏のスペシャルランチ」
左上「野菜のクリームスープ」右上「日光虹鱒のソテー金谷風」左下「ライスとサラダ」右下「いちごのアイスクリームと紅茶」

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

 

小豆島から帰還したばかりの金魚です。
青息吐息です(今「青色吐息」って書いちゃったけど、さすがに一発で変換できなかった)。

金谷ホテル、パンもおいしーですよね♪
日光、いきなり行きたくなってきました。
そんで温泉入るんだああ。←疲労中
地味にFC2BlogRankingへ参加
それでは「春夏冬、二升五合」をお願いまして、皆々様の御手を拝借。

FC2ブログランキング

熊さん。今のお人で何人目だい?
著者寸描(プロフィル)

浮世名詮〔うきよのめうせん〕

Author:浮世名詮〔うきよのめうせん〕
東西東西~。
さて、これより語りまする者はその名を「名詮」と申しまする。

性格は可成ふざけて居りまして、朝イチから行動すればよいものを、昼も過ぎ、夕闇の濃くなる頃から東都のあちらこちらへ出没し、状況に応じて色々な人物を演じ分ける素ッ惚けた根無し草。

まあ、気楽に気楽にお付き合い下りまするよう、隅から隅まで、ズズいっとお頼み申し上げまする。

先づは

乍憚口上
乍憚口上」つづき
乍憚口上」むすび

を一読下さりまするようお願い申し上げまする。

千穐萬歳大入叶

熊八ブログをケータイしておくれっ
ちょいと、そこのお前さん。無視していくんじゃないよ。めうせんの「熊八ブログ」がケータイでも見ることが出来るっていうじゃあないか。おや、知らない?まあ、この人はなんて野暮なことをいいなさんのかねえ。
QR
最近の戯れ書き
項目別四方山話
最近のご意見・ご感想
一筆啓上、火廼要鎮(メールフォーム)
「文は遣りたし、書く手は持たず」なんて謙遜、遠慮なぞは無用ってもんでございやす。へい。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別四方山話
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。