スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デルフトの眺望・追加(オランダの休日 3-2)

デルフトといえば、オランダを代表する画家フェルメール(Johannes Vermeer)の生誕地だ。そして、「デルフトの眺望」はフェルメールが作成した風景画の傑作として有名。となると、コンパスさんプロデュースのデルフト観光も締めくくりとして、フェルメールがこの傑作を描いた地点に立とうということになる。時計をみると、もう夕方?6時になろうかというくらい。なかなか体力的に疲れが出てきている。しかし、ジワジワと体力消耗してきている名詮さんと違い、コンパスさんはずいぶんとアグレッシブだ。とっとと先へ行ってしまう。
コンパスさんの後を追うようにデルフト市街を少し離れ、大通りに出ると運河沿いに進む。運河に沿って、一部、工事現場の仕切り板がある。その殺風景さに、嫌な予感が脳裏をかすめる。

もしかしたら、ガッカリスポットなのでは・・・

しかし、コンパスさんはビューポイント目指してどんどん進んでいく。そして、対面の運河沿いに張り出したカフェを横切るようにして、目指すポイントにたどり着くと・・・

やっぱり・・・

新教会以外に面影がほとんどないと思われる。
というか、ビューポイントの場所(デルフト観光協会が作ったのかは知らないが、ビューポイントをしめす看板もやたらとデカい)に大きなダストボックスが3つ鎮座ましましてるって、観光地の景観としてどうなんだろ。
感動とご対面できるはずの場所にやっと着いたというのに、大きな溜息をひひとつついた。そして、コンパスさんに自前のデジカメを渡し、記念として、フェルメールが描いたデルフトの、その今ある光景を目の当たりにし、

がっかり感を背中で語っている様子

をおさめてもらった。

delft_view of Delft_now
現在の「デルフトの眺望」。オランダの夏空はたしかに美しい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

地味にFC2BlogRankingへ参加
それでは「春夏冬、二升五合」をお願いまして、皆々様の御手を拝借。

FC2ブログランキング

熊さん。今のお人で何人目だい?
著者寸描(プロフィル)

浮世名詮〔うきよのめうせん〕

Author:浮世名詮〔うきよのめうせん〕
東西東西~。
さて、これより語りまする者はその名を「名詮」と申しまする。

性格は可成ふざけて居りまして、朝イチから行動すればよいものを、昼も過ぎ、夕闇の濃くなる頃から東都のあちらこちらへ出没し、状況に応じて色々な人物を演じ分ける素ッ惚けた根無し草。

まあ、気楽に気楽にお付き合い下りまするよう、隅から隅まで、ズズいっとお頼み申し上げまする。

先づは

乍憚口上
乍憚口上」つづき
乍憚口上」むすび

を一読下さりまするようお願い申し上げまする。

千穐萬歳大入叶

熊八ブログをケータイしておくれっ
ちょいと、そこのお前さん。無視していくんじゃないよ。めうせんの「熊八ブログ」がケータイでも見ることが出来るっていうじゃあないか。おや、知らない?まあ、この人はなんて野暮なことをいいなさんのかねえ。
QR
最近の戯れ書き
項目別四方山話
最近のご意見・ご感想
一筆啓上、火廼要鎮(メールフォーム)
「文は遣りたし、書く手は持たず」なんて謙遜、遠慮なぞは無用ってもんでございやす。へい。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別四方山話
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。